部屋に開放感を与える

リビングルームにローソファーを置いているという家庭は少なくありません。このローソファーというのは、文字通り、座面が通常のものよりも低いタイプのソファーのことです。その最大のメリットは、部屋に開放感が生まれることだといえるしょう。座面が低いことから、リビングルームに置いた際に壁面がたくさん見えることになります。その結果、部屋全体が広く見えるというわけです。

その他にも、ローソファーには脚がないことから、様々な用途で活用できるのも魅力ですよ。例えば、和室に設置すれば座椅子に近い感覚で活用できます。座椅子の場合、背もたれがあまり大きくないことから安定感がありません。その点、ローソファーならば背もたれがしっかりしていることから、思いっきりもたれかかることが可能です。また、リビングに置けば足を伸ばしてゆっくりと寛ぐこともできますよ。

子供が怪我をする恐れがない

ローソファーは、小さい子供が座っても怪我をするリスクが少ないのもメリットといえるでしょう。一般的なソファーの場合、座面が高いことから、小さい子供が誤って落ちて怪我をするリスクがあります。その点、ローソファーの場合、座面が低くて床からの距離がかなり短いので、落下する恐れがありません。したがって、一般的なソファーと比べると安全性が高いです。その他にも、小型犬を飼っている家庭にもおすすめですよ。チワワなどの小型犬は、高いソファーから飛び降りると衝撃のせいで骨折する恐れがあります。しかしながら、ローソファーならば、足や腰に大きな負担を与えることがありません。怪我をするリスクを未然に防ぐことができますよ。

和室でソファーを置くと、和室の空間にモダンな風景が生まれます。ローソファーなどは、座椅子感覚で設置してコタツや低めのテーブルと合わせると床上で寛げます。