ローソファーの特徴とメリット

ローソファーとは、座面が低いソファーのことです。通常のソファーの高さは40~50センチですが、ローソファーは30センチ前後とかなり低めに作られています。ローソファーのメリットとして、小さい子供やペットも安心して使えることが挙げられます。座面が低いため転落の恐れがなく、仮に転んだとしてもダメージがほぼありません。また、通常のソファーは座面が高いために空間を多く使ってしまいますが、ローソファーは視界を遮らないため圧迫感がなくなります。こたつやローテーブルとの相性も良く、部屋をスッキリ見せたい人にとってもってこいの家具です。

さらに座椅子感覚で座れるため、足を伸ばせてくつろぐこともできます。リラックスしたい人におすすめです。

ローソファーの注意点

ローソファーはメリットばかりではありません。注意点として、立ち上がりが億劫になることが挙げられます。座面が低くなればなるほど足腰への負担がかかりやすいためです。腰痛持ちの人は特に気を付けなければなりません。また、フォーマルな服装やスカートを穿いている場合も注意が必要です。しわになりやすく、スカートはめくれることもあるため、ローソファー向きの服装ではないのです。さらに、家具の高さが合わないと部屋全体が不格好に見えてしまいます。

デメリットには掃除が難しいことも挙げられます。隙間がほぼないため、掃除機やほうきを入れにくいのです。通気性もないので、カビができる恐れもあります。掃除をする時はローソファーを移動して、こまめに行うようにしましょう。

ローソファーの通販は、街中のインテリアショップではなかなかお目に掛かれないデザインのアイテムも揃っており、画像や動画をチェックした上で都合が良いときに注文することが可能です。